まんが集客デザイナー島良一のブログ

★難しい業務内容をわかりやすく伝えたい! ★事業内容を差別化して目立たせたい! ★効果が出ないチラシは、もうウンザリ!

アイドル地方創生! NGT48から学ぶ

   

Pocket

皆さんこんにちは。

来る2017年6月17日には沖縄・豊崎美らSUNビーチにて、AKB48 49tnシングル選抜総選挙があります。

毎年の定番のイベントになってきました。

みなさんもこの時期になると、テレビやネットニュース等で話題になっており、指原なのか、まゆゆなのか程度の関心の方も多いのではないでしょうか?

大番狂わせ・大波乱の投票速報

今年は大番狂わせ、大波乱!

5/31の投票速報・中間発表の結果はこのような見出しが踊りました。

5/30から投票受付がはじまり、翌日が速報ですから、1日後の結果なのですが。

そのわずか1日の間に5万5061票を獲得したのが、新潟のNGT48「おぎゆか」こと荻野由加さんです。

この5.5万票の何がすごいかを紐解いていきましょう。

 

歴代1位の得票数

今回の選挙で9回目です。

第1回(2009年)

1位 前田敦子 4,630票「言い訳Maybe」センター

 

第2回(2010年)

1位 大島優子 3万1,448票「ヘビーローテション」センター

 

第3回(2011年)

1位 前田敦子 13万9,892票「フライングゲット」センター

ここで1位が10万超えします。このあとは割愛しますが、昨年の第8回を見てみましょう。

 

第8回(2016年)昨年!

1位 指原莉乃 24万3,011票「LOVE TRIP」センター

昨年の結果です。

初の1位が20万票超え。指原莉乃が女王たるゆえんですね。

CD1枚1,000円としたら、彼女だけで2億円の売上です(あくまで単純計算)。

では、2位以下を見ていきましょう。

2位 渡辺麻友 17万5,613票

3位 松井珠理奈 11万2,341票

4位 山本彩 11万0,411票

5位 柏木由紀 9万2,110票

6位 宮脇咲良 7万8,279票

7位 須田亜香里 6万9159票

8位 島崎遥香 6万8,126票

9位 兒玉遥 6万0,591票

10位 武藤十夢 5万8,624票

11位 横山由依 5万8,610票

▶荻野由加 5万5,061票(本年速報1位)

12位 北里里英 5万0,190票

13位 向井地美音 4万7,094票

14位 岡田奈々 4万3,318票

15位 高橋朱里 4万0,648票

16位 にゃんにゃん仮面 4万0,071票(小嶋陽菜)

なんと、昨年の総選挙でしたら、12位です!

 

わずか1日で何が起こったのか!?

次のシングルの選抜は選挙の上位16名。

昨年の状況から見ても、十分に選抜に入れる可能性がありますし、ファンも更に火がついたのではないでしょうか?

注目すべき点は、投票開始わずか1日で5.5万票を集めたことです。

これはCDを買えば、買った分だけひとりで何票も投票できるシステムとはいえ、時間的・物理的に不可能ですから、相当のファンの方が同時に入れたと考えるほうが良いのではないでしょうか?

 

荻野由加さんについて少し紐解く

荻野由加さんは順調にNGT48正規メンバーになったのではなく、6年前からAKB48のオーディションを受け、何度も落ちていたようです。

企業タイアップのバイトAKBという企画で、限定的なメンバーになり、その後AKB48劇場公演のバックダンサーなどをして、ドラフト会議で、NGT初期メンバーとして柏木由紀さんが指名します。

指名理由は、何度もオーディションを受けて、何度も落ちたというストーリーを持っている子なので、そこも含め…というようなニュアンスでした。

モットーは「100点をめざすのではなく、100%を目指す」だそうです。

深い(笑)

さて、ここからは荻野由加さん自体の魅力もさることながら、もう少しメタ認知(俯瞰)でみて、彼女が所属するNGT48は何をしてきたのかということに注目していきたいと思います。

 

NGT48結成からCDデビューまでの戦略

地元に専用劇場

今回の速報を受け、新潟知事がこれで本番で荻野由加さんが第1位になったらバク宙する!と宣言しました。

なぜ、知事が?(笑)と思いましたが、ここにNGT48が地元密着で活動しているヒントがありました。

NGT48は2015年に結成されましたので、まだ2年も経ってません。

新潟市の中央区にある「ラブラ2」という建物の4階に、専用劇場「NGT48劇場」が2016年1月にオープンし、劇場公演を週に何回もこなし。1年近くたった2017年4月にやっと「青春時計」でメジャーCDデビューを果たします。

まだ2ヶ月なんですね。

 

タイアップ企業・団体は15以上

デビュー前にも関わらず、NGT48は地元新潟の方々と手を取り合い、タイアップした企業や団体は15を超えるそうです。

さらに地元のイベントにも積極的に参加し、ファンを新潟に連れてきただけでなく、おじいちゃん・おばあちゃんからも愛されているそうです。

地元に劇場が出来てから、10ヶ月満を持して発売されたデビューシングル「青春時計」にはファン+地元の人、エキストラ1000人とMVを撮影。

そのご当地アイドル性、地元との一体感は一目瞭然です。

つか、歌マジでいい、泣ける!(笑)

見てわかりますが、荻野由加さん、別にセンターではないのです!それがまたすごいですよね。

 

これこそが会いにいけるアイドル

AKB48自体は全国的にも大きくなってしまい、身近に感じることが薄れてしまったという意見も多いようです。

また、名古屋のSKE48、難波のNMB48もありますが、その中でNGT48は一番地元に根ざしているグループのようです。

当初のAKB48のコンセプトだった会いにいけるアイドル。

地元×アイドル と言う意味ではこういったローカルなNGT48こそが、そのコンセプトにふさわしいのかもしれません。

以下の動画も非公式ですが、この速報の翌日は長岡市の田植えイベントに参加してます。

 

 

CDデビュー時に市長や知事に表敬訪問

そしてCDデビューの際は新潟市長や新潟県庁を表敬訪問し、地元新潟を盛り上げようとなりました。

バク宙のくだりは、知事との絆があるからこそでしょうね。

そして、地元のローカルTVにも出まくってますから、地元のニュースが朝から晩までNGT48特集になるわけです。

だから老若男女が知っているんですね。

 

実は伏線があった、リクアワ100

AKB48グループリクエストアワー セットリストベスト100というものが毎年1月に行われます。

それこそAKB全グループの楽曲で1位を競うもので、これもファン参加型の投票イベントなのです。

実は今年の1月、1位なったのはAKB48でもSKE48でもなく、このNGT48だったのです。すごくありませんか?

だって当時はCDデビューしてないのに1位ってどういうこと?

ということになりますよね(笑)。

これはカラクリがあって、AKB48のカップリング曲として、はじめてNGT48がデビューまえに初のオリジナル楽曲が収録されたんです。

またそれが神曲だったんですね(笑)タイトルはずばり、Maxとき315号。せっかくなので聞いてみましょう。

それで、新潟をはじめとしたファンのみなさんが、デビュー前のNGT48を盛り上げようと、このリクアワでこの曲をステージで歌ってもらうために1位にしたんですね〜。

ファンもさることながら、新潟を巻き込んでいるのです。

これって例えば若者が週末、つまらないからといって、都心に出るところを、地元のイベントでNGT48が来るからといって、流出を防ぐ効果もあるし、地元でお金を使うことにもなり、さらにファンは新潟に足を運び、単純に経済効果を考えても素晴らしいですね!

最後にNGT48の新潟愛にあふれた新潟の各地が出てく歌を。

以下、YouTube公式チャンネルより引用

また、AKB48選抜総選挙の新潟開催に際し、新潟に初めて来県された他のグループのファンの方から「NGT48は街ぐるみで応援されているのがイイね」「また新潟に来たいと思いました」といった、ありがたいお言葉を多くいただくことが出来ました。

そこで、新潟県内の皆様からの多大なるご支援への感謝の気持ち、そして県外の皆様にはさらに新潟の魅力を知っていただきたいという想いから、公演映像演出公開第2弾として、「PARTYが始まるよ」公演で行っていた「NGT48」の映像演出を公開することに致しました。

こちらをご覧いただき、新潟の名物や名所を知っていただき、再び来県されるきっかけになりましたら幸いです。もちろん、ここで紹介されているものは新潟持つ魅力の一端に過ぎません。この他にも、新潟には、全国や世界に誇る名物、名品、名産などがたくさんあります。

それらをNGT48のメンバーおよびスタッフが学び、その魅力や素晴らしさを全国に発信していくお手伝いができるよう、これからも活動していきますので、よろしくお願い致します。

尚、この映像演出は、NGT48劇場のLEDパネルで流れ、その前でメンバーがパフォーマンスをすることを前提に制作されていますので、ご了承ください。

 

この現象から学ぶこと

実はここには他にも語りきれないドラマがあり、とくにAKB48から移籍した中興の祖ともいうべき、北原里英さんの影響もかなり大きいのです。

そこはまた別の機会に、ということで今回はこのへんで。

そもそも総選挙は、選抜メンバーを決めていた運営にたいし、いつもファンが不満を言っていたので、「だったらファンに選抜をきめてもらおう」

ということで始まりました。

またじゃんけん大会は「選挙だといつも同じメンバーしか選抜に入れないから、他の子にチャンスがない」というファンからの不満に答える形で生まれたのです。

じゃんけん大会では、人気のあるメンバーが勝てば「デキレース」など運営側が仕組んでいると批判し、人気のないメンバーが勝てば陰謀論を言われ(笑)

そんなことでニーズへの対応から始まった各イベントですが、とにかく握手会にしてもこの選挙にしてもリクアワにしても、ファンを巻き込んでいる、言うなればファンとともに作っているというこれはクリエイティビティにつながるものがあると思いました。

つまり、我々が幸せや生きがいを感じることは、高いかもので物を所有することそのものに幸せを感じるというよりも、ともに作り出す時間や体験…、どう人生を過ごすか、どう生きるかにつながるんだと思いました。

それは単に体験型がいい!という意味ではありません。

AKB48の総選挙も、はたからみれば、コアなファンやオタクの人たちが、可愛い女の子を中心にして盛り上がっているようにしか見えないかもしれませんが、一歩中に入ると、そこには人間がいて、等身大の女の子が自分の人生をかけて戦っている姿や、バックストーリー底から感じる熱意や、人間らしい葛藤などを垣間見えます。

そしてその時代を一緒に歩み、自分の投じた1票が客観的な立場から主観的な立場にさせる…、いわゆるその島宇宙の中の体験は、他には替えがたい体験なのだと思います。

人は、人にこそ感動するということを改めて感じました。

商品だって、そこには作った人や届けた人の思いが入っている、ある意味結果としての媒体が商品というパッケージ、ということですものね。

そんなことをこの社会現象から感じました。

メルマガ登録して下さい!

今回のブログ記事の裏側、なぜ書いたのか、なにを意図しているのかをメルマガのみで公開しています。

興味のある方はぜひご登録を。

いただいたメールアドレスはメルマガやお知らせ以外では使用しませんのでご安心下さい。

Comments

comments

 - AKB48, NGT48, アイドル, ユーザーエクスペリエンス, ワクワク系, 地方創生, 絆作り, 集客

  関連記事

西川産業様フロントにて
東京西川さんにて、プレゼンしてきました!!

緊張しました。 以前にもお話したかもしれませんが、 ワクワク系マーケティング実践 …

チラシなのに目的地まで【自動で】案内する方法!

こんにちは後方から広報を支援する島良一です。 今回も「紙」にデジタルを「加味」す …

BANTとは
「今年こそはプレーヤー社長を卒業したい貴方へ」Ultimate Craz渡邊宏さんのセミナーに参加した感想。

みなさん、こんにちは。まんが集客デザイナーの島 良一です。 2/20の18:30 …

これは簡単!とびこみ営業の名簿を作ってみた。

こんにちは、まんが集客デザイナーの島良一です。 出来上がった「まんが集客通信」を …

【検証】3週間でブログを74記事更新した理由。

※この記事は広報後方支援島良一での記事を大幅に加筆修正したものです。 Ameba …

生こまつな
目の前でお客さんの視線と動線と反応を見た

今回の話は私がDTPデザイナーとして、 超勉強になったことをシェアします。 自分 …

100日間1個も売れなかった商品が、このPOPで売れました。

商品の価値を科学的に検証し、価値を掘り起こし、打つべき手を打つ 1個も売れなかっ …

3M
「見出し」をしくじると90%のお客さまが逃げていく!【ヘッドラインのつくり方セミナーに参加して・前編】

こんにちは、まんが集客デザイナーの島良一です。 広告の神様 デビッドオーグルビー …

プライスカード
【プライスカード①】プライスカードによる失客を考える。

あけましておめでとうございます。旧年中は大変にお世話になりました。 ブログは読ん …

エンゲージメントを得るための看板

こんにちは! やっと時間を作って、お店用の看板を書き上げました。 今回の動線は …