まんが集客デザイナー島良一のブログ

★難しい業務内容をわかりやすく伝えたい! ★事業内容を差別化して目立たせたい! ★効果が出ないチラシは、もうウンザリ!

勘違いしないで!Facebookは人脈を広げるものではない!3つの間違い考察!

   

Pocket

最近「まちゼミ」でも
SNSの使い方をお話するのですが
Facebookの気をつけたい3つのポイントをお伝えします。

ちなみに私もすべてやってしまっていますので
なにか特定の人を否定したり、批難しているわけではないです。
そしてこの考えはあくまでも個人的な考えです。

使い方の正しさを追求したいわけではなく、
マナーを一緒に考えて行ければ幸いです。
軽い気持ちで読んでいただければ。

1.あいさつおじさんになるな!

よくFacebookの投稿に対して、コメントで
「おはようございます。本日もよろしくお願い致します。」
だけいれるひと。

だいたいそういう人は「本日もよろしく」というわりには
毎日よろしくされてないし、そもそもリアル人生に関わってない(笑)
いや、挨拶だからいいじゃないか。と私も思ってましたよ!

その人の投稿ちゃんと読んでますか?(笑)
投稿する方も、いろいろと思うところあって、
文字書いたり写真のせてるのに
「おはようございます。本日もよろしくお願い致します。」って…

投稿の内容、全部無視!
どうせコメントを残すなら、
ちゃんと投稿に対する意見や感想を書きましょう。

だったら「すごいね!」をポチりのがよっぽど良い気が(笑)

「あいさつおじさん」は結構横行してます。
投稿に対して全く関係ないコメントするのはどうか?
という話です。相手の立場に立って考えましょう。

あと、たまにコメントしたときに
「わー島さん、お久しぶりです」って返す方。

いや、久しぶりじゃなくて、普段結構
あなたの投稿に「いいね!」押してるんですけど。
見てないの?ねえ、結構無視?みたいな(笑)

2.会ったこともない人に友達申請するな!

えーっとこれは私もやったことあります(笑)
だから大きな声では言えません。
実際にあったことない人に友達申請して(されて)
仲良くなるパターンもありますしね。
あこがれの漫画家先生とか、友達OKしていただき
めっちゃうれしいですし^^。

でも基本的にFacebookは
会ったことない人に友達申請をしてはいけないルールです。
人脈をひろげるものではなく、友達との関係を深めたり、
つながっているためのツール。

たとえば実際に会って名刺交換した人と、
プライベートな一面を投稿で見せあいながら
親しみを深めたりとか。そういう使い方が◎ですよね。

 

こういった問題が起きる

たとえば私が会ったこと無いAさんというおじさんの友達申請をOKします。
ある日、私のFacebook友達からメッセンジャーがきました。

しかも複数。全員女性です。

「島さんの友達のAさんってひとから友達申請が来た。
なんか卑猥なことをいってくるけどどういう人?」

「Aさんってひとから、会いたい会いたいとメッセンジャーがやたら来るよ><」

「Aというおじさんから下半身を露出した写真をおくってきた…」

ま、極端な話なのですが…被害にあった女性たちは
「共通の友達が島だから、大丈夫だろう」と
私を信用してそのAさんを友達申請OKしたのかもしれません。

なので、絶対ダメだから絶対に申請OKにしないでという
単純な話ではなく、よく相手のことを知ってから
申請OKしたほうがいいですよという話です。

一番は会ったことない人と
知っていたとしても、友達申請しないのが一番。
プロフィールに書いておいてもいいですね。
実際にお会いした人しか友達になりません、と。

それでもメッセンジャー無しでして来たら
残念ながらSNSリテラシーの低い人です。
その人に時間を取られてはいけませんので、申請を削除しましょう。

また自分もそうならないように気をつけましょう^^;(←はーい)

3.イベントの招待が来たときにいちいち「予定があるので欠席します」をコメントするな!

はーい、これやっちゃいますよね(笑)
私もやっちゃったことあります。

でも、冷静に考えましょう。
その人が一生懸命考えたイベント。とても魅力的!

でもコメント欄をみると
「今回は先約があって欠席します」
「また次の機会に…」
「ごめんなさい、その日は予定が…」

そんなコメントばかり入っているイベント。
それを見た人は「なるほど、このイベントの優先順位はみんな低いんだな!
って思っちゃいませんか?

もしくはそう捉える私のハラワタが腐っているかどっちかです(笑)

私だったら、そんなに断りのコメントを入れたいのなら
メッセンジャーで個人的に送りますね。

せっかく誘ってくれたイベント!
参加できないけど成功してほしい!
だれもそう思っているはずです。だったら、
コメントを入れるタイミングや場所は考えましょうよ。

これネットリテラシーとかの話ではなく、
人として!ちゃんと考えれば!

と、自分に言い聞かせてます(白目)

4.まとめ

以上です。

タイトルは、読んでもらうために、
かなり挑発的でインパクトあるタイトルでしたが
Facebookにかかわらず、冷静に対処したいですね。

おじさんおじさんと書いたのは、私がおじさんだからで
おばさんも若者も失礼な人はいっぱいおります。

私ももちろん人のこと言えません。

「島さんはFacebook上はムカつきましたが、会って話すといい人でした」

とオブラートに包んで言われたことありますが(笑)

まあ〜、まずはお会いしてから友達申請ですね。

ということで私は知らない方、会ったこと無い方の申請は
ガシガシ削除してます。

ぜひお会いしてから。

「Facebookは友達5000人まで増やせる!
とにかく申請を!」とか言ってる
Facebook集客うんたらいってる人は
無視しましょう(笑)。

そういうのはFacebook広告使ってやればいいのよ。

ということで、よろしくお願いいたします^^;。

Comments

comments

 - Facebook, SNS

  関連記事

Facebookに投稿したブログの画像とタイトルを最新にする方法。

あれ? 画像が新しくしたのに、更新されないよ! ブログを書いて、さてFacebo …

Vector Open Stock
【広報管理】という新しい考え方を公開します。

点と点が結ばれました。 皆さんこんにちわ、漫画集客デザイナーの島です。 最近のお …

動画ウォッチパーティ画面
動画ウォッチパーティ(Facebookグループ機能)で盛り上がろう!

こんにちは。今回はFacebookのグループ機能の 「動画ウォッチパーティ」につ …

no image
SNSはこうやって使う。【Facebook・Twitter・Instagram】

ご自身の作品やコンテンツを、 これからSNSを活用して 広げたいと思っている方。 …