坂道46ックリマン(乃木坂46 欅坂46 日向坂46)ビックリマン風イラスト しまりょういちブログ

乃木坂46/櫻坂46/日向坂46のビックリマン風同人シール作家【坂道46ックリマン】のさまざまな推し事。

【知ってもらう活動】チラシに店内見取り図を入れてみた

      2022/08/28

Pocket

ちゃんとしたチラシ作ろうか(笑)

日常ブログでも書いたのですが

お客さんに「毎日遊んでるの?」と言われたため(笑)緊急創刊「BohWalker」

お店の中に置いてあっても中々気づかれないものをピックアップしてチラシにしようと思っていた矢先、店長からも、上記のリンクのようなことをお客さんに言われたので、もうちょっと「セールス」しているチラシも作ろうか、が一致し作ったのが、BohWalkerです(笑)

 

BohWalker01表面

BohWalker01表面

BohWalker02表面

BohWalker02裏面

 

ワーク(作業)じゃなくてプレイ(楽しむ)お店に

遊んでるって思われるのって、実はすごく良いことだと思います。

きっとお客さんも悪口でいったわけではなく、いつも楽しそうに仕事しているように見えている、そう思った素直な感想だと思っています。

去年の6月のブログに「ワークじゃない、プレイする!」という記事を書きましたが、まさにこれだと思います。

商いは心から楽しむ「プレイ」。

そんな思いで、チラシにも一言そえました。

Boh通信を御覧になった方から「毎日遊んでるの?」と言われたので(笑)店内の商品を紹介するコーナーを 作りました。PC-Bohは仕事をワーク(作業)ではなく、プレイしてます! 楽しいお店をめざします。

 

見取り図を入れてみました。

とはいってもこのチラシ、別に安売りはしてません。

値段相応の商品です。

集客用のポスティングチラシではありません。

通信とともに受け取った顧客の方が、

再度来店し、このきっかけで店内を歩いてもらえばと思いました。

そこで「店内見取り図」も入れてみました。

見取り図

見取り図」

 

…書いてておもったのが、扉が上になっていますね(^_^;。

普通扉は下側にするよね…って話。次号から修正!(笑)

あと、POPも同時におけばなお、有効ですよね。

 

まとめ

この顧客用セールスレター(チラシ)は

  1. 再来店するきっかけ「行く理由・動機付け」
  2. こんな商品も扱ってたんだという「知ってもらう活動」
  3. 店内に何があるかを把握してもらう「顧客の教育」

という感じです。

ちなみにポール・マッカトニーはお客さんに対して、

「今日という日が、人生最高の日になればいいと思っている」

 

と思って演奏するようです。

そんな思いでこちらも精進していきます。

Comments

comments

 - POP・看板, チラシ作成, パソコンショップPC-Boh, ユーザーエクスペリエンス, 動機付け, 行動デザイン

  関連記事

改良スペック&プライスカード
【プライスカード③】実際に設置してみたら、大失敗。

こんにちは、島 良一です。 福生のPC-Bohに、新設計したプライスカードを設置 …

【秋本工業様④】写真撮影の意義、語るということ。

今回は、ホームページやチラシの作成のお手伝いをしている秋本工業さんのお話です。 …

【秋本工業様⑥】感謝!結果に結びつく3+2ポイントを皆さんから伝授。

SNSとリアルからのアドバイスを頂く。 前回までの記事と、反響 前回のお話は、ブ …

【PCデポ問題】Bohの場合「本当に来るんじゃなかった!」とお客さんが超ニッコニコ(?)

わたしは福生の店舗のウラで、いつも制作やら広報活動に勤しんでいます。 接客は、若 …

100日間1個も売れなかった商品が、このPOPで売れました。

商品の価値を科学的に検証し、価値を掘り起こし、打つべき手を打つ 1個も売れなかっ …

価値創造の思考法図版案
絆顧客について可視化してみました。

頭を整理するため 小阪裕司先生著作の「価値創造の思考法」を読んでいて、頭の整理の …

エンゲージメントを得るための看板

こんにちは! やっと時間を作って、お店用の看板を書き上げました。 今回の動線は …

右脳デッサン
え? いままで左脳で絵を描いてた…右脳で描くと世界が変わる!

こんにちは。まんが集客デザイナーの島良一です。 私は絵を描くことが好きだったり、 …

キャッチコピーに必要なのは、センスではなく勇気です。

〔立ち入り禁止〕から〔帰れません〕に注意書きを変えたらルール違反をするスキーヤー …

車に300円万払うなら、ディズニーランドに405回行く社会

パソコンショップPC-Bohのニューズレター第2号が完成しました。 何故、ニュー …